1分でわかる「業界構造の分析(5フォースモデル)」

ポーターは特定の事業分野における競争状態を決定する要因として5つの要素をあげている。

ポーターの5フォースモデル

以下の図を見ると競争状態は業界の要因だけでなく業界外の要因によっても影響を受けることがわかる。
これらの5つの競争要因の分析によって、自社の置かれている競争環境、つまり業界の事業がどれぐらいの収益を確保できるのかが明らかにされる。

既存業者間の敵対関係

ある業界に既に参入している企業同士の競争関係であり企業の競争行動が激しいほど競争状態も熾烈になる。
敵対関係が激化する(その結果価格競争になる)。
主な要因は以下の通りである。

①同業者が多い
②同程度の規模の会社がひしめいている
③市場規模の成長速度が遅い
④固定コストまたは在庫コストが高い
⑤星人を差別化するポイントがない
⑥業界から撤退しにくい 撤退障壁が高い

 

新規参入企業の脅威

ある業界に新しく参入しようとする企業が存在し、その業界への参入障壁が低い場合には、競争状態も激しくなる。

代替品の脅威

代替品とは、ある製品と同じ機能を持つ製品であり、保有することによって従来の製品が不必要になる製品である。
このような代替品の登場により既存の製品との競争が激しくなる。

売り手の交渉力

売り手とは、ある業界(の企業)に対し、製品を生産する部品や原材料を提供する供給業者である。
例えば、供給業者の持つ部品などが特別に差別化されている(特許を取得しているなど)であればその供給業者の交渉力は業界にとって脅威となる。

買い手の交渉力

買手とは、ある業界(の企業)が製品を販売する顧客のことである。
例えば、この顧客が大規模な流通チェーンを保有し、購買力が非常に大きい場合には、その顧客の交渉力は業界にとって脅威となる。

業界の収益性が5つの競争要因の影響を受けることは事実であるが、ポーターは、企業は5つの要因全て、あるいは特定の要因に働きかけることで産業構造を変え、自社の収益性を向上することができるとしている。
そのための手段として競争の3つの基本戦略がある。