1分でわかる「製品=市場マトリックス(アンゾフの成長ベクトル)」

企業戦略では企業がどのような製品市場領域で事業を行っていくかを決定する経営戦略論のパイオニアであるアンゾフは製品=市場マトリックスとによって経営戦略の展開エリアを4つに分類した。

経営戦略の4つの展開

 

製品=市場マトリックス 既存 新規
既存 市場浸透戦略 新製品開発戦略
新規 新市場開拓戦略 多角化戦略

 

1  市場浸透戦略

既存市場に既存製品を投入する戦略である。
広告宣伝や価格などのマーケティング要素を有効活用して市場シェアを拡大し経営目標達成を目指す。

2  新市場開拓戦略

新規市場に既存製品を投入する戦略である。
既存商品を従来未開拓であった市場(新しい顧客層や土地など)に展開して売上を向上させる。
海外進出や女性用製品を多少アレンジして男性用に販売するなどはこの例である。

3  新製品開発戦略


既存市場に新製品を投入する戦略である。
新しい機能を付け加えて今までとは異なる品質の製品を創造する。
大きさや色などが異なる追加機能を開発するなどの方法がある。
具体的には自動車や携帯電話などの製品で新機種を追加したりデザインを変更したりするなどのモデルチェンジ政策に見られる。


4  多角化戦略

新規市場に新製品を投入する戦略である。
ここでの多角化戦略は以下で説明する無関連多角化を意味する。
※コア事業への資源集中や事業の再構築に迫られている現在においては速やかに撤退することも一つの戦略である。