1分でわかる「環境分析(SWOT分析)」

環境戦略を策定するにはビジネス環境を分析する必要がある。
企業の内部資源と企業を取り巻く外部環境からビジネス環境を分析するフレームワークにSWOT分析がある。

SWOT分析

企業が市場競争に勝ち残るためには自社の状況を把握し競合他社に対して優位に立つ戦略を策定する必要がある。
企業の戦略部門や各事業分野が事業領域でどのような戦略を実行すべきか、あるいは課題は何かを検討する際に企業の直面する外部環境(機会、脅威)と経済資源など内部的環境(強み、弱み)を分析する。

外部環境分析

外部環境分析とは企業の直面する外部環境について機会(Opportunity)となる要因と、脅威(Threat)となる要因とを識別することである。
具体的には経済成長率や景気動向などの経済的環境、出生率は人口規模などの人口動態的環、政府機関の意思決定などの政治・法律的環境といったマクロ的視点での外部環境と顧客ニーズや競合他社の動向、業界の技術動向などといったミクロ的視点での外部環境について分析する。

内部環境(資源)分析

内部環境(資源)分析とは企業の経営資源について強みと弱みを識別することである。
さらに、競争相手の強みと弱みの相対比較を行う。
内部環境(資源)分析においては生産能力、技術力と言ったハード面だけではなく、ノウハウ、スキルといったソフト面についても分析する。

戦略代替案の基本パターン

SWOT 分析から導き出される戦略代替案の基本パターンは次の通りである。

強み( S :Strength) 弱み(W : Weakness)
機会

( O:Opportunity)

強みを生かし機会をつかむ 機会を逸しないように弱みを克服する
脅威

(T:Threat)

脅威からの影響を最小限にとどめる 撤退し他に委ねる