貿易ビジネスで取り扱うべき商品とは?

貿易ビジネスで取り扱うべき商品とは何でしょうか?

小さくて、軽くて、壊れない商品と一般的には言われています。

しかし本当に正しいのでしょうか?

今回は僕の経験から貿易ビジネスで取り扱うべき商品をご紹介します。

小さい商品

小さい商品は取り扱いやすいと言うメリットがあります。
ただし取り扱いが容易な分、ライバルも増えてきます。
なぜ小さい商品が好まれるかを考えてみましょう。
「小さければ送料が安いから。」と考えるのは危険です。
送料が安ければ、商品の販売価格も下がりますし、送料が高ければ相対的に商品の販売価格も上がります。
すなわち、送料が安いことは決して取り扱うべき商品の原因になる訳ではないのです。

では、なぜ小さい商品が好まれるかを考えましょう。
大きな商品は重量がかさむため送料が高くなります。
少しでも送料を抑えるためには船便の利用が効果的です。
また一度に仕入れが可能な数量が限定されるため、まだ輸入ビジネスに慣れていなうちは敬遠した方が無難です。
航空便で輸入が可能で、一定数の仕入れが可能なため、初心者には小さい商品が推奨されているのです。

軽い商品

 

小さい商品と同様に送料が安いからと軽い商品が推奨されている訳ではありません。
国際送料は、送った量により価格が決まるのが一般的です。
送れば送るほど送料が安くなるのです。
そのため、軽い商品を少量発送すると、1kgあたりの発送コストは高くなります。

そこで軽い商品は重い商品と一緒に送るか、一度に大量の仕入れをすることが推奨されています。
小さい商品と同じく、取り扱いは容易なため、発送時に工夫をすることで、取り扱うべき商品となるのです。

壊れにくい商品

初心者は壊れやすい商品を取り扱うべきではありません。
ただし、あくまでも初心者に対してであり、既に貿易ビジネスで利益を得ている中級者以上であれば、積極的に壊れやす商品を仕入れるのも手です。
例えば花瓶などですね。
ライバルが少ないため、上手に輸出入をすれば大きな利益に繋がります。

またガラスと同様にプラスチック製品も壊れやすい商品と言えるでしょう。
中国や東南アジアのメーカーが発売する電化製品なども注意が必要です。
電化製品は初期不良などで返送する場合のコストが高くなります。
初期不良のパーセンテージが分かるまでは、大量に入荷するべきではありません。

結論として、一般的に言われている「小さい」「軽い」「壊れにくい」に関しては、「小さい」「壊れにくい」は順守した方が良いでしょう。
中級者になったら「小さい」を重要視し、上級者になれば、これらの事は気にせず売れると思った商品を仕入れるべきです。

続いて、僕の経験を元に売れる商品の条件をご紹介します。

輸入ビジネスで売れる商品の条件

 

・法律や規制が関わる商品

・一般人が知らない商品

・仕入れ先の確保が難しい商品

以上、3つの条件に該当する商品は比較的稼ぎやすいです。

法律や規制が関わる商品

法律や規制が関わる商品は、ライバルが少ない傾向にあります。
もちろん参入するには障壁がありますが、障壁を超えてしまえば大きな利益を安定してもたらす可能性を秘めています。
なお、ここで言う規制とは、Amazonのカテゴリ規制も含みます。

一般人が知らない商品

ある程度、売れている商品限定ですが、一般人に認知されていない商品もライバルが増えづらくおすすめです。
海外では市民権を得ているものの、日本ではファンしか知らない。
そんな商品が理想です。
そもそも大手のブランドは相当数の仕入れを検討しなければ、卸での購入は難しいでしょう。

仕入れ先の確保が難しい商品

仕入れ先の確保が難しい商品もライバルは当然少なくなります。
仕入れ先を探す際、型番や商品名で検索をする方が多いと思います。
しかし、実際に売れる商品は、キーワードを用いた検索や、画像検索では見つからない商品ばかりです。
該当の商品を探し当てたとしても、価格差が無く利益が出ないケースも多いでしょう。

しかし、貿易ビジネスの上級者は諦めません。
ライバルが輸入していると言うことは、必ず利益を出す方法があるはずなのです。
多くのケースは仕入れ元から卸買いをしているか、安い送料で国内へ輸入をしているのです。

初心者には難しい部分ではありますが、仕入れ先がなかなか見つからない商品は大きな可能性を秘めています。
コンサルタントを利用するなどして、早めにスキルを付けると良いでしょう。