貿易ビジネスはリサーチで8割決まる?!

輸入転売を成功させるために、もっとも大切なのは商品選定です。8割以上は商品選定で、成功するか失敗するかが決まると言っても過言では無いでしょう。しかし多くのライバルが、ひしめく輸入転売業界で、上手な商品選定はどうすればできるのでしょう?

輸入転売の商品選定で押さえるべきポイント

大きく分けて輸入転売の商品選定には2種類の方法が存在します。まずは身体を使った商品選定。そして頭を使った商品選定です。まずは、身体を使って輸入転売ビジネスの基礎を覚えるのが良いでしょう。

輸入転売でおすすめする販売チャネルはAmazonFBAです。Amazonで販売するとして、誰もが下記のような計算を行うでしょう。

「Amazon販売価格-販売手数料-Amazonまでの送料-仕入れ価格-国際送料-消費税や関税>5,000円の商品を輸入する」

5,000円の部分は1,000円でも10,000円でも、自身の規模で考えて問題ありません。考え方は間違っていませんが、これだけを考えていると利益を出せたとしても小遣い程度でしょう。

輸入転売はもちろん、ネットビジネスで利益をあげるには「投資」の重要性を常に考える必要があります。商品が1個売れたら1,000円儲かると言う考え方では成功を掴めません。1個売れたら1,000円儲かり先月は10個売れた。この考えができればスタートラインに立てます。

僕は資本金10万円から輸入転売ビジネスに参入し、半年後には月収20万円を超えていました。その時に考えていたのは「今、手元にあるお金を、来月いくらまで増やせるか」と言うことです。

諸経費を含め10,000円かかった商品を11,000円で売って1,000円の利益を得るのと、諸経費を含め2,000円の商品を3,000円で売りぬいて1,000円の利益を得るのでは、同じ1,000円の利益でも意味が違ってきます。しかし初心者は、この考えを理解できず単純に利益が出ただけで満足してしまうのです。

もし1個売って10万円の利益が出る商品があったとします。魅力的に感じますが、月に1個しか売れないのであれば、戦略を見直すべきです。さらに100万円を使って10万円の利益しか出ない商品があれば、その商品を取り扱うべきではありません。

「利益÷諸経費(投資額)×100>30%」この計算式はROIと言われ輸入転売を行う上で絶対に覚えておきたい勝利の方程式です。この方式に当てはまらない商品は取り扱わないように意識しましょう。また月間で最低でも5個以上売れる商品を探すことも大切です。

売れ行きを調べる場合は「モノレート」を利用すると良いでしょう。モノレートは商品のランキング・価格推移・価格比較を簡単に調べることができるのでおすすめです。またAmzonの在庫を調べるツールを利用するのも良いでしょう。もしくは、Amazon内でデータ収集するのも効果的です。

例えば「家電・カメラ」のカテゴリでランキング500位だから、月150個は売れると判断する方法です。事前にしっかりとデータ収集を行う必要がありますので、初心者向きではありません。

利益計算に関しては、エクセルなどを利用して、海外の価格と、日本の価格を入れれば利益率が出るぐらいにはしておきましょう。これぐらいであれば、パソコンが苦手な方でも、インターネットを利用し情報収集すれば作成できるはずです。

ポイントは他にもたくさんありますが、まず初心者は、これだけ守っていただければ、ある程度の結果が出るでしょう。僕の記事でも頻繁に書いていますが、土台ができたらメーカーや問屋と個別交渉を行い、安い単価で商品を仕入れ利益率をどんどん上げていくのが輸入転売ビジネスでは重要になってきます。

2,000円で仕入れができる服があったとします。だいたい日本国内では3,000円で販売しないと利益は出ません。しかし、ライバルが少ない商品であれば、5,000円ほどで売れるかもしれません。

利益が出ると、ライバルが真似をしてきます。流通が増えれば価格競争が起こります。すると、価格は3,000円に近いところで安定してくるでしょう。もし、この商品を最初から1,000円で仕入れることが出来ていたとしたら一人勝ちです。

大変なことや、難しいことは誰もが避けて通りたいと思うかもしれません。しかし、輸入転売をするのであれば、これらのことは歓迎するようにしましょう。複雑に見えますが、僕は海外の工場から商品を直接輸入したり、個別で日本のメーカーと契約したりしています。おかげで、今では販路がかなり増えましたライバルとの差別化を図るため、今後はヨーロッパを中心にロシアなどからの輸入にも挑戦したいと思っています。

1か月に数万円の小遣いが欲しいのであれば、古本屋を巡り、せどりをすれば良いでしょう。しかし、物販を本気で行うのであれば、最低でも月収100万円を目指すべきですし、僕は100万を目指す方法しか知りません。

商品選定と利益率

商品を1個売って10,000円の利益を出す。この考え方では、成功が難しいのは理解いただいたかと思います。どれぐらい売れているかを理解しなければ、在庫を抱え込んでしまう可能性があります。では利益が5,000円出る商品でAmazonで月に10個売れる商品があるとします。あなたは、この商品を仕入れしますか?これでは、まだまだ判断材料が少ないです。

例えば、5,000円の利益がでる商品でも、仕入れに15,000円かかる商品と、仕入れに5,000円かかる商品では利益率がまったく異なってくるからです。前者の利益率は33%ですが、後者の利益率は利益率100%です。仕入れを行うのであれば、後者の方が圧倒的に良いでしょう。

エクセルを利用し、日本のAmazonと海外のAmazonの通貨レートで利益率を計算することが大切です。ちなみに僕は利益率が20%以上の商品でなければ仕入れは行いません。利益率が100%になるような商品は、ほとんど見つけることが出来ません。体感的には1,000商品中に1商品あれば良いぐらいでしょうか。

利益率に関してご説明しました。ある程度、理解をしていただけたと思いますが、この段階では、まだ商品の仕入れを行うべきではありません。重要なのはライバルの存在です。

ライバルは常に意識する

AmazonFBAで商品を売る場合、多くのライバルが存在します。しかし、ライバルと考えなくても良い販売者も存在します。例えば、販売価格が10%以上離れているセラーはライバル視しなくて良いでしょう。また、ゲームなどの一部ジャンルを除き、中古商品を売っている販売者もライバル視する必要はありません。同じく無在庫で販売していると思われる販売者もライバルとしてカウントする必要はありません。

自分が販売したい商品のライバル数が分かったら、月の販売数とライバル数で仕入れ数を求めます。月に10個売れる商品で、ライバルが4人だと、自分を含め5人。すなわち仕入れ数は2となる訳です。

新しくAmazonに登録された商品や、流行の商品を仕入れる場合は注意が必要です。ライバルが過剰に在庫を持っている可能性がありますし、販売者数が変動する可能性もあるからです。新規に登録された商品や、流行の商品は計算より少なめに仕入れた方が無難です。

輸入転売でツールは利用しない?

Amazonで輸入転売ビジネスを行う場合、ツールの利用が一般的と言われています。しかし多くのライバルが存在する以上、ツールを利用しただけで利益を得られるほど、輸入転売の世界は甘くありません。多くのリサーチツールでは、Amazon同士の価格を比べている時点で大きな欠点があると言えます。では、どうすれば良いのかを説明しましょう。

まずは、新しい商品や予約商品を狙って仕入れを行い売りぬくことです。簡単に言うと、ライバルが増える前に売り切ってしまうと言うことです。もし、予約商品だったり、販売日を確認できるツールを見つけることができれば大きな武器になるでしょう。

もう1つは、Amazon以外から仕入れを行い販売する方法です。Ebayや海外のネットショップはもちろん、メーカーや卸業者から直接仕入れを行う方法です。ちなみに、僕はこの仕入れ方法を強くおすすめします。これからも、どんどんライバルは増えると予想されます。大きな波に飲み込まれないためにも、仕入れ先の確保は重要となるのです。

Amazonで商品リサーチをしていると、Amazonで販売していない商品を扱っている販売者が見られます。しかし、販売している以上、必ずどこかから仕入れは行っているはずです。この点に注目すれば、卸販売が可能な商品を見つけやすくなるでしょう。

では実際に輸入転売を行う上で必要な商品選定方法をご紹介します。

小売り仕入れ(もっとも簡単)

  • 評価が自分より+50以内の販売者を参考にし商品情報を抽出する
  • 大カテゴリのランキングで10,000位~100,000位
  • 海外Amazon以外から仕入れができないか検討
  • クラベールなどろ利用し販売数を予測する
  • 利益率が最低でも10%以上(できれば20%以上)かを確認する
  • 値崩れを考え理論値の3割ほどの数量を仕入れる
  • 集客は販売サイトに一任する

卸仕入れ

  • 評価が自分より+50以内の販売者を参考にし商品情報を抽出する
  • 大カテゴリのランキングで10,000位以内
  • 掛け率を8割程度で計算
  • 小売りでは赤字だが、卸価格であれば利益が出る商品を中心に交渉
  • ツールを利用し販売数を確認
  • 実際の卸価格で採算を確認
  • 利益率が最低でも10%以上(できれば20%以上)かを確認する
  • 集客は販売サイトに一任する

独占契約

  • 展示会へ足を運ぶ
  • Amazonでランキングを利用し需要を調べる
  • 契約先のノルマや競合、自己資金などを加味し取り扱い決定
  • SEOと広告で集客

オリジナル商品販売

  • 参考商品の選定
  • 需要と集客状況を調査
  • 試販と改善点の洗い出し
  • SEOと広告で集客し販売
  • ネットショップなども並行して運営

輸入転売ビジネスの商品選定まとめ

  • 利益率と回転率をしっかりと計算し把握する
  • ライバルが少ない商品を探す
  • ツールだけでは利益を得られない
  • 卸での仕入れを前提とした利益計算

輸入転売ビジネスでは、商品選定が非常に重要です。ビジネス開始直後から、しっかりとした商品選定を行うことで、売れる商品を見抜く目も養うことができるでしょう。

 

友達限定プレゼント無料配信中!

クリックして5秒でGET▼