初心者が貿易ビジネスを始める場合、輸出と輸入どちらがオススメか?

初心者の方が貿易ビジネスを始める際に、輸出が良いのか?はたまた輸入が良いのか?

迷われる場合もあるかと思います。

これについては僕も色んなところでお伝えしているので、すでに当たり前の認識を持たれている方も多いかと思いますが

市場を読みやすさ(または意図的にニーズを作りやすい)からして初心者の方には輸入がオススメです。

それも輸入してきた商品を自身で作成したネットショップで販売するのではなく、Amazonで販売する

いわゆるAmazon輸入がオススメです。

 

Amazon輸入とは?

Amazon輸入とは、その名の通り、海外のAmazonで仕入れた商品を日本のAmazonで転売することで利益を得るビジネスモデルです。

また、Amazonだけでなく、中国のタオバオやアリババを始め中国から商品を仕入れ日本で販売する場合は中国輸入と呼称します。

一時期、流行した「せどり」とは異なり、Amazonやタオバオなど仕入先が豊富なため資産運用の手法として多くの人が取り組んでいます。

FXや株式、不動産取引に比べると、Amazon輸入は手間がかかります。

しかし少ない資金で効果的に利益を得たいのであればAmazon輸入が一番効率が良いと僕は思っています。

海外のAmazonで商品を仕入れ、日本のAmazonで転売するだけと聞くと、非常に簡単なビジネスと思いがちですが、実は奥が深く、しっかりと計画を立てて挑む必要があります。Amazon輸入を行う上で重要なのは仕入れ・物流・ツールです。

 

Amazon輸入の仕入れ

Amazon輸入で成功するためには、人よりも安い価格で商品の仕入れを行うことが重要です。

ただし、定価より安くなっている商品であったとしても、誰でも、いつでも、その価格で購入できるのであれば、あまり意味はありません。

あなたのライバルも同じ価格で仕入れることができるからです。

 

Amazon輸入の物流

商品の仕入れや、顧客への発送など、Amazon輸入では必ず物流サービスを利用する必要があります。

将来的にはDHLやFedexなどの大手物流会社と個別に契約を結ぶべきです。

しかし、Amazon輸入をはじめた直後は物流代行会社の利用を検討してもいいでしょう。

サービス内容や、送料など物流代行会社によって異なりますので、自分に最適な物流代行会社を選択する必要があります。

 

Amazon輸入のツール

雇われている人は、あまり気づかない部分ではありますが、全ての仕事を自分でする必要はありません。

作業を外注に依頼したり、アルバイトを雇ったり。効率化のためソフトウェアを購入するなど必要な作業を分散する必要があります。

一人では作業量に限界があります。

作業量が頭打ちになれば、同時に利益も頭打ちとなってしまうのです。

 

Amazon輸入を始めるには?

商品の仕入れをする費用があれば、Amazon輸入をはじめることは可能です。

しかしビジネスを続けると必然的に人件費やツール費、消耗品などの費用が必要となってきます。

これらはビジネスを拡大させるためには必ず必要となる経費です。

必要な経費は惜しまずに使うことも大切になってきます。