貿易ビジネスを始める上でのコンサルタントの必要性は?

「スピード感を持って輸入ビジネスを成功させたい」

「誰かから輸入ビジネスに関するアドバイスを受けたい」

「どんなコンサルタントに相談すればいいいか分からない」

今回は、そんな思いを持っている方へ向け、僕の経験を包み隠さず紹介したいと思います。

コンサルに相談する際の相場は?

輸入ビジネスコンサルの相場には大きな開きがあります。

相場は約30万円~150万円でしょうか。

値段に開きはありますが、実際に受けられるサポート内容には開きがありますので値段だけで一概に相場を判断することはできません。

実際に輸入ビジネスコンサルを利用している仲間の話を聞く限り、平均は3か月間のコンサル利用で50万円ほどが目安になると思います。

安すぎるコンサル料金はコンサルティングのレベル自体が低い可能性がありますので注意が必要です。

コンサルの提供者は、あくまでも仕事としてコンサルティングを行っています。

輸入ビジネスのコンサルは、自身で輸入ビジネスを行うスキルを持っているにも関わらず、自分の貴重な時間を割き、コンサル業務を行っているのです。

安すぎる料金でコンサルを行う意味がないのです。

個人批判をする訳ではありませんが、当然この世界にも評判の悪いコンサルタントも数多く存在します(割合的には自称コンサルタントの方が圧倒的に多いというのが実際のところですが)

これは貿易ビジネスを行っている仲間内でも共通の認識ですので間違いありません。

あくまでも相談するコンサルタントを決定するのは自分自身ですが、必ずしもテレビや雑誌で取り上げられている人間が優秀なコンサルという訳ではありませんので注意しましょう。

残念ながら、メディアで取り上げられたり、本を出版すると集客が容易になるため、安価な価格でコンサル生を募集し適当にコンサルティングを行う(またはコンサルティング自体に内容がない)人間がいるのも事実なのです。

貿易ビジネスにコンサルティングは必要か?

まず前提として「楽に稼ぎたい」「誰かに管理してほしい」「難しいことは決めてほしい」という考えを持っている方は、コンサルタントに相談しても成功できませんので貿易ビジネスは諦めた方が良いかもしれません。

貿易ビジネスで実際に行動するのは、あくまでも自分自身です。

コンサルタントからアドバイスを受け、自分自身の行動に活かすというスタンスで上手にコンサルタントを利用しましょう。

しっかりと信念を持ち、自分で考えて行動する人がビジネスで成功を掴みます。

貿易ビジネス初心者で、資金にある程度の余裕があるのであれば、コンサルティングは受けるべきでしょう。

コンサルを受けることにより、スピード感を持って輸入ビジネスに取り組むことができます。

しかし、他のビジネスで成功した経験を持っていない方は、まず書籍やセミナーで貿易ビジネスの基礎をしっかりと勉強し知識を身に着けてからコンサルを受けるようにしましょう。

ある程度の知識がないと、そもそもの質問ができずコストパフォーマンスが悪くなってしまうためです。

また資金面も十分に考えてからコンサルタントを利用するようにしましょう。

貿易ビジネスでは仕入れ資金が無ければ、利益を得ることができません。

コンサルティング費用を払っても、手元に最低50万円。できれば300万円ほどの資金は残しておきたいところです。50万円の元手から輸入ビジネスをはじめても、3か月後の利益は20万円~30万円でしょう。副業なら問題ありませんが、輸入ビジネスで生計を立てようと考えている場合は少し厳しい収入と言わざるを得ないでしょう。

投資の側面も強い貿易ビジネスですので、資金は多ければ多いほどリターンも大きいのです。

ちなみに、毎月30万円ほどの利益で満足であれば、こちらのブログを最初から最後まで読んでいただければ、十分に達成可能な利益です。

時間が確保できる方であれば、コンサルを受けずに、まずはこちらのブログに目を通してみてください。

優秀なコンサルタントの条件とは?

・連絡をしなくてもコンサルタントが連絡をくれる

・ビジネスに関する様々な情報を提供してくれる

・複数の選択肢を用意してくれる

詳しく見ていきましょう。

「連絡をしなくてもコンサルタントが連絡をくれる」

自分から連絡を回答をもらうのは、コンサルタント契約をしている以上、当たり前のことです。

優秀なコンサルタントは、顧客のことを真剣に考え、コンサルタント側から連絡をしてくれます。

日報や週報など細かな報告を希望するコンサルタントも優秀です。

報告をすることで、自身の成長にもつながりますし、コンサルタント側も時間を割いて日報や週報の確認をしてくれるということは、それだけ親身になってくれている証です。

「輸入ビジネスに関する様々な情報を提供してくれる」

ノウハウはもちろんのこと、貿易ビジネスに関わるツールや、利用する物流会社など様々な情報を提供してくれるコンサルタントは良いコンサルタントと言えるでしょう。

しかし、外注だけは別です。

コンサルタントから特定の外注業者を紹介されることもあると思いますが「良い人材を見抜く」「外注を育てる」と言う観点から、外注は自分自身で探すのが基本です。

「複数の選択肢を用意してくれる」

成功への道のりは決して一つではありません。

複数の道のりがあり、人それぞれ、自分にあった道のりを進むことが大切です。

しかし、コンサルタントの中には、成功への道のりはたった一つと言わんばかりの方も存在します。

しかし良いコンサルタントは、複数の道のりを知っています。

僕自身は何事も効率的に進めたい方なので絶えず効率の良い仕事の方法を探しています。

しかし、効率ばかりを追い求めるばかりに、作業自体が疎かになってしまう可能性もあります。

コンサルタントの中にも「まずは徹底的に作業をしろ」と求めてくる方がいます。

いくらコンサルタントが指導をしても、クライアントが作業をしなければ、何もはじまらないからです。

意味がないと思った作業でも後々の成長に繋がる可能性はあります。

しかし、明らかに効率が悪い作業を教えるコンサルタントがいるのも事実です。

非情に難しい問題ではありますが、自分にあった成功への道のりをしっかりと考えてくれるコンサルタントを見抜く力が必要です。

僕自身のコンサル活動は?

ブログやYoutubeを見て頂いた方から、コンサルの依頼をいただくことがありますが、現在、僕自身はコンサル活動を行っていません。

ただ貿易ビジネス、ネット物販に関することでしたら、僕がお世話になり、信頼しているコンサルタントを紹介することは可能です。

もちろん今後、クライアントを募集する可能性はあります。

その場合、以前と同様にコンサルティング費用は〜100万円ほどになるかと思います。

もちろん、期間は設けず、徹底的にサポートさせていただきます。

貿易ビジネスや物販ビジネスは資金があればあるほど有利なので、創業に関わる融資制度のサポートなども行っていきたいと思います。

これからも、ビジネスが良い方向へ進んで行くように、努力していきます。