100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ【レバレッジリーディング】

僕はもともと活字が苦手でとても嫌いでしたが

今では月に20〜30冊ほど本を読んでいます。

 

1冊を読み終えるまでの時間は本の内容にもよりますが1時間〜2時間程度なので

「速読ですか?」と言われますが、そんな大層なものではありません。

 

ほぼ斜め読みです。

 

目次などを見てどんな本なのか?というのをざっくり把握してから

パラパラめくって行っていき

ヒントになるような箇所に線や印をつけたり、

書き込んだり、端を折ったりしながら

読み進めていきます。

なので僕が読んだ後の本はグチャグチャです。

 

読書愛好家の方からすれば

「そんなものは読書ではない」と言われるかもしれませんが

まさにその通りで

僕は「読書」がしたいわけではなく

何か今の現状で役に立つ「使えそうなもの」を見つける為に

本を読んでいます。

この読み方は2、3年前に知人に勧められて読んだ

レバレッジ・リーディングで紹介させている手法です。

このレバレッジ・リーディングは、

”読書という自己投資”を実践するために、

どれだけ効率良く情報を得て、

成果を上げるか”について書かれた書籍で

初版が2006 年と古い本なのですが、非常に参考になりました。

 

レバレッジ・リーディングの流れ

本を読む目的を明確化
(読むところと読まないところの見当をつける)

制限時間を設ける
(本の内容次第だが、平均は1〜2時間程度)

全体を俯瞰する
(まえがき、目次、あとがき、などをチェックし、本の全体像を頭に入れる)

読書開始
(緞急をつけて読む・・・重要なところは熟読、他は斜め読み)
(ポイントを押さえる・・・線や印、書き込み、ドッグイヤーなどのマーキング)

読書後のフォローを行い、実践する
(ポイントを押さえたメモを作成、何度も反復し読み、実践する)

 

僕がこの本で参考になった点としては

・目的を明確化してプレリーディングすること

・後フォローをシステム化し資産化すること

 

上記の2点です。

 

これをしっかり実践することによって

本を読んで「勉強した気」になっただけで

何も実践せずにただ本棚にしまって終わりということなくなりますし、

読書以外でビジネスに置き換えても非常に役立ちます。

 

今回、取り上げたレバレッジ・リーディング

僕にとって良本でしたが

月に 30冊読んでも参考になる本はその中でも5、6冊程度、

さらに本当にためになったという良本は1冊あるかないかで

正直買わなくてもよかったな、という本がほとんどです。

 

ですので、本当にためになったという良本

今後もシェアさせて頂きたいと思います。

 

友達限定プレゼント無料配信中!

クリックして5秒でGET▼