貿易ビジネスを始めるのに語学力は必要か?

以前、友人から「お前、貿易やっとるけど英語とか喋れんのw?」と聞かれたことがあります。

僕は普段、主に中国と英語圏の国と商品の取引をしていますが
英語を流暢に話すことができるのか?というとそんなことはありません。

日本語すら危うい状態です。

貿易ビジネスを行うにあたり、英語が必須というわけではないのです。

もちろん英語を話せるということはアドバンテージにはなりますが
話せないからといってビジネスができないというわけではありません。

たまに語学から勉強し出すちょっとおっとりした方がいますが

語学を習得する為の学習コストは非常に高く
時間も費用もかかりますし何よりその間、利益を生みません。

ビジネスで英語が必要なのであれば英語が話せる方はたくさんいますし
中国語が必要なのであれば、日本語を話せる中国人の方を雇った方が
コストパフォーマンスは高いです。

自分に出来ないことであれば
外注した方が圧倒的に早いです。

もちろんエキサイト翻訳や
Google Chromeの翻訳機能を
使って試行錯誤を繰り返すのも良いですが
(今でも僕は駆使しています)

それらに頼りすぎるのも危険です。
以前と比べれば翻訳精度は高くなったものの完璧ではありません。

初心者の方が翻訳サイトだけに頼りすぎるのは
トラブルを招く可能性が高いので
やはり自分が出来ない場合はパートナーでも
外注先でもいいので必ず出来る人は必要だと思います。

基本的に取引は中国でも欧州でも英語で行われますので
英語が出来る人雇うのがいいでしょう。

ただ、いきなり外注を雇おうと思ってもなかなか難しいかもしれませんので
お手軽に外注の募集ができるサイトをいくつかご紹介させていただきます。

▼外注募集サイトまとめ▼
ランサーズ
@SOHO
SOHO Works
ジョブチャンネル@SOHO
SOHO人材バンク
フリーランサー
BLOGWRITER
シュフティ
ココナラ
クラウドワークス
Job-Hub
Sohos-Style
Find Job
クラウドソーシング
upwork
ALA!中国
トレードチャイナ

 

友達限定プレゼント無料配信中!

クリックして5秒でGET▼