【悲報】ただの「転売」では先がない件…

ネットで副業を行う人が増える中、
気軽で取り組みやすい
小売から仕入れて既存のプラットフォームで

ただ販売するだけの単純な転売ビジネスのライバルは
増加傾向にあります。

そのためか、
転売で利益を上げることが難しくなってきたと
感じている方も多いのではないでしょうか。

これまで、「相乗り出品の楽(ラク)さ」、
「その他の方法を知らない」、
などを理由に続けてきた単純な転売ビジネス

そこそこ売れているからといって、
果たして今のまま続けていて良いものか…。
この疑問に答を出すため、
単純な転売ビジネスのデメリットをまとめてみました。

避けられない価格競争

冒頭でも述べましたが、
転売ビジネスのライバルは増え続けています。

ライバルが増えれば、
その結果必ず価格競争は激しくなります。
(飽和しないなどというのは高額塾を売りたいが為のポジショントーク)

 

人気のある商品でしたら、
当然、多くの人が出品します。
また、売れる商品に対し今現在は出品者が少ない場合でも、
遅かれ早かれ、いつかはライバルたちに見つかってしまいます。

 

売れる商品は、
必ず最後は他の出品者たちとの価格競争となるのです。
これは避けられません。

 

同じ商品を扱う出品者が多い場合、
同じ商品であるがゆえに他の出品者と自分との差別化も難しく、
結果、商品価格を下げることで
自分から購入して貰うということになってしまいます。

(普段の生活でもそうですが、この店のポイントを貯めているから…、
親戚。知人の義理で…など何か特別な理由が無い限り、
同じものなら価格の安い店で買いますよね?)

 

誰か一人が価格を下げれば、
その他の出品者も価格を下げざるを得なくなり、
その繰り返しが価格競争です。

 

仕入れ値を交渉で安くするといったことをする訳でもなく、
価格だけをただ下げれば、下げた分利益は減ります。

安定した商品供給の難しさ

既存の商品を安く仕入れ、
利益を乗せて販売するのが転売です。

 

既存の商品を扱うわけですから、
その商品が今後長期的に製造されるか、
どれくらいの数が製造されるか、
商品価格がどうなるか、
これらは全て、自分(=転売する人)では
コントロール不可能な範囲になります。

 

転売者である自分が既存の商品に対し出来ることもあります。

それは、
その商品が流通する過程で乗った中間マージンを
仕入れ数などで交渉して抑えることです。

 

ですが、
もっと根本的な製造・製造コストに関わる部分には関与できません。

 

売れる商品を見つけても、
自分ではコントロールできない範囲が多すぎて、
安定してその商品を供給し続けられるという保証はどこにもないのです。
このことは、次の「多くの商品を取り扱う必要性」にも繋がります。

多くの商品を取り扱う必要性

売れる商品があっても、
その商品がいつ手に入らなくなるか分からないので、
常に他の商品も取り扱っておくことは大事です。

 

また、単純な販売ビジネスの多くは
価格競争のある相乗り出品ですので、
1つの商品からだけでは多くの利益は見込めません。

 

利益を増やすためには取扱い商品を増やすこととなります。
1商品当たりの利益が平均数千円/月で、
200、300種類の商品を取り扱って初めて、
月収30万~50万円というのもよくある話です。

 

大雑把に1商品当たりの利益を平均数千円としましたが、
数百種類も商品があるのですから、
その中には必ず、
比較的よく売れる商品、
全く売れない商品、
など色々あることとなります。

 

そのため、
全取り扱い商品をトータルで見た場合に、
在庫全体の回転率は良くないことのほうが多く

 

さらに在庫を多く抱えると、
キャッシュフローは悪くなります。

 

大量のSKUを管理するコストもバカになりません。

 

売れない商品があるのなら、
その商品の取り扱いをやめて、
売れそうな新しい商品を探す必要があります。

 

また、今は売れている商品でも、
いつ売れなくなるか分かりません。

 

以上のような多くの理由から、
売り上げ維持や売り上げ拡大をするためには、
常に新しい商品を探し続け、
常時多くの商品を取り扱っておく必要があります。

利益率が低いので手元に残るキャッシュは少ない

価格競争のため価格を下げれば利益率は下がりますが、
そもそも小売からの単純な転売ビジネスでは
高い利益率というものは見込めません。

 

利益率が30%以上あれば良いほうで、一般的には10~20%です。
月収50万円を目指すなら、
必要な月の売り上げは300万~500万円になってきます。

 

そして、この売り上げを立てるためには、
次々にどんどん商品を仕入れる必要があります。
これには相応の仕入れ資金が必要になることはご理解いただけますね。

 

目指す月収やビジネスの大小にもよりますが、
転売ビジネスの性質上、商品の在庫を抱えることが多く、
利益率は低く、出た利益は次の仕入れに回さなければいけない。
これでは手元に残るお金はもはや無いようなものです。

困難なビジネス拡大

転売なビジネスを拡大していくというのはなかなか困難です。
繰り返しになりますが、
このビジネスは、安定した供給が難しかったり、
大量の仕入れが難しかったりします。

 

また、
転売ビジネスのために店舗を持ったり
展示会に参加したりというのは現実的でなく、
商品の販売はもっぱらネットでの通信販売に限定されます。

 

ただ、利益率や、
安定した供給の確保
集客の難しさという点から考えても
初心者の方が自前のネットショップを経営するのは厳しいです。

 

安定供給が保証できない、
大量仕入れが難しい、
決して良くはない世間のイメージ、
こういったことから、
販路の拡大がなかなか難しいのです。

 

おのずとビジネス規模も限定されます。

このように単純な転売ビジネスを行っていくのは今後厳しいのではないでしょうか?

 

現在、単純な転売ビジネスを行っている方(とくに専業で行っている方)が今後何をしていくいくべきなのか?そのあたりも今後触れていきたいかと思います。

 

友達限定プレゼント無料配信中!

クリックして5秒でGET▼